「不可能な人生」の修復 9 忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9
印象に残っている同級生の三人目は、小川さんというドッジボールの強い女の子でした、と「不可能な人生」のサイトの主はさらに続けていた。けれども、小川さんの話は作品という形で漫画にしたので、ここで重ねて書くつもりはありません。私の中では小川さんについてはそこで描ききったという感覚があるので、フォーマットの違う表現形式をどこか宙ぶらりんのまま無理矢理リンクさせるのも致し方ないことなのです。



と、ここまで「不可能な人生」のサイトを復元したとき、私は、ネット上にないもののリンクをどう張るか、という問題に直面した。「不可能な人生」というサイトの復元は、「不可能な人生」というサイトのみを復元すればいいのだから、ネット上にないもののリンクなどはじめから問題にならないというのが普通の考え方ではあるが、私はそれでは完全な復元にはならないと感じていた。復元という行為は、一度失われたものを、それが最初に作られた過程を逆に辿るという対称性を持ったものではない。何よりも最初と復元とでは、行為を行う者がたいてい別の人間であるため、最初に作られた過程よりもはるかに非本質的な労力をかけざるを得ない上、どう頑張っても元通りにはならないであろうという結果も見えている。「不可能な人生」のサイトの書き手は、小川さんの話を漫画で作品という形にしたという前提でこの記事を書いている以上、その作品を少なくとも私は読まなければ、よりよい復元には近づけない。なので、上記の文章中の「小川さんの話は作品という形で漫画にしたので」という部分の「漫画」にリンクされている『月刊漫画ガロ』を私はすべて買い集めた。リンク先の説明にあるように、廃刊になって久しいこの月刊漫画誌は、途中に休刊を挟みながらも38年ほど続いており、2・3月合併号というパターンを考慮すると少なくとも年に11冊の38年間という単純計算でも、400冊以上はあることになる。そのすべての漫画作品に目を通して私なりに検討を重ねた結果、仲佳子と佐藤義昭という二人が復元の材料として私のアンテナに引っ掛かった。この二人の漫画のはっきりとどこという風に指摘はできないが、彼らの作品の読後感に、小川さんの話をあるいは「不可能な人生」のサイトを彷彿とさせるようなシャーマニズム的連関を嗅ぎ取ったのだった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
<< 10 | 8 >>
HOME | 171  170  169  168  161  159  157 
プロフィール
HN:
S.U.
性別:
女性
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
10
(06/10)
9
(06/08)
8
(06/06)
7
(06/01)
6
(12/07)
最新コメント
アクセス解析
カウンター
フリーエリア

忍者ブログ [PR]