「不可能な人生」の修復 5 忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5
最近は、集団の輪の内側と外側のことをよく考えます、と「不可能な人生」というサイトの主は続けていた。私は輪の外側の人間であり、今まで私の他に外側の人間に会ったことがないということに、段々確信を持つようになってきたのです。高島平という、それまでの地縁・血縁・職縁が取り払われ地均しされた開拓地に生まれ、その後平均で五年ごとに引越しを繰り返すという状況にあった私は、単によそ者という意味では外側の人間だと自分でも思っていましたが、年を取るごとに出会う人のパターンも定まり、どんなに普通でない人もみな内側の人間であることが分かるにつれ、それはもっと規模の大きな、一生どこに行ってもよそ者でしかないという、他者との決定的な違いが最初からあったことを意識し始めたです。それからは、輪の外側を中心に据え内側を補助線にして考えてみようとは思っているのですが、違和感を感じながらも内側を中心に、というか、内側しかないとずっと教えられてきたため、いくら外側の人間である私にも骨の折れる切り替え作業でした。それはむしろ、内側にいる外れ者のほうがうまくできることなのです、内側という揺るぎない基盤に乗りながら、外れ者としての自我を出していけばいいのですから(その分風当たりは強いでしょうが)、と「不可能な人生」というサイトの主は書いていた。今までは、当然のように内側に入りたいと思わされてきました、思わされていることを自発的にそう思っていると勘違いしながら。私以外の全員が内側であるなら、私の存在は誤差であるためそれは無理もないことと言えますが、発想を他者中心的ではなく自己中心的に逆転させ、正常に戻してみるべきなのです。つまり、内側のほうからやってくる強制力を集団のおかしさと捉え、誤差の側から広大で強力な内側を見直してみるということです。まず、内側の人間は、外側はないと思っています。永遠というものが人間にとっては実際無いのと同じように、外側という言葉はあってもあくまで言葉だけの存在であり、実際は無いと考えているのです、自分たちにとってあまり都合のよくない人間を「外道」「外部」等として取り込んだり、内側の変わり者が他の人間と一緒にされたくなくて自分は「外側」の人間だと反抗的に口にしたりする以外は。要するに、みんな一緒だよ、と言っているのです。これは、内側に入りたいと思わされてきた外側の人間にとって、ハニートラップのような甘い罠でした。罠に誘われ調子に乗って内側に近づき過ぎた途端、おまえと俺たちを一緒にするな、さっさと出ていけと弾き出されるのがオチなのです。一緒だと言っておいて違うと突っぱねれば、自分たちがコントロールしているように装えるため、外側の人間に対しても外側に置き去りにしたまま影響力を持つことができます。内側である=集団になるということは、それだけで圧力を持つことなのです。その圧力は外側に対しては、常に巨大で強力な磁石の壁のように作用します、絶対に中には入れませんが、見えなくなるほど遠くまで外側の人間を自由にさせることもなく、無意味に引付けておこうとするのです。一方、内側に対しては、何か問題が起こると普段は目に見えない輪をぎゅうっと縮め、狙った人間を完全に囲い込むという圧力を加えます、と「不可能な人生」というサイトの主は述べていた。外側の人間の常識として、内側に入るとき私は外側の人間ですよと誇示しながら入ることはしません。なるべく内側の人間のふりをして、目立たないようにして入ります。良くも悪くも目立てば彼らに突っ込みどころを与えるだけであり、一度そうなってしまえばたった一人の外側の人間など何も成す術はありません。本当に、日常生活の中で、頭の天辺からつま先まで、今いる周りの見知らぬ三次元空間に自分だけ二次元の紙みたいに貼りつけられたような違和感と頼りなさを感じたことのある人はいるのでしょうか。それは疎外感などという優雅なものではなく、疎外そのものなのです。私は、内側のひねくれ者・変わり者をずっとうらやましく思っていました。内側にいながら自由で(と、子供の頃は思っていましたが、その実、内側にいるからこその保証と制裁のある自由だったのですが)、どんなに奇人・変人臭を出しても私のように疎外されることはなかったのですから。そして疎外感というものを優雅に感じることができるのは、正にこういった内側の奇人・変人たちであり、それは、みんなが他人と差をつけたがる個性というものの勲章にしか私には見えませんでした。個性とか自分らしさとかをのうのうと語っていられるのは、内側の人間だけです。外側の人間は今のところ私一人ですが、それは個性ということとは本来は別次元なのです。たとえ私一人だけに言えることであっても、まず他の人には全く分からないし、私の性格とか人間性とかとはぴったり一致しない見えにくさもあるので、私だけの妄想と区別がつかないのは確かです。とはいえ、外側の人間であるという立ち位置が、私の性格や人間をある程度特徴づけてもいるはずであり、そのわずかな違和感を嗅ぎ取るのか、頭や勘のいい人、内側の外れ者といった人とは確かに縁があります。内側ど真ん中の人間とは恐らく、一生ニアミスすることすらないでしょう。そして、外側の人間が内側の情報を得たり、内側と接触したりするのは、あくまで内側の人間を通してであり、私が直接内側に介入したり働きかけたりするのは双方にとってルール違反です。最近はそういうようなことを、孤独の言い訳にしています。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
<< 6 | 4 >>
HOME | 171  170  169  168  161  159  157  156  155  154 
プロフィール
HN:
S.U.
性別:
女性
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
10
(06/10)
9
(06/08)
8
(06/06)
7
(06/01)
6
(12/07)
最新コメント
アクセス解析
カウンター
フリーエリア

忍者ブログ [PR]